土地・建物・相続

親の家を相続できるのは誰?

基本は配偶者と子ども。場合によっては甥や孫も相続人に

 

遺産を相続する権利がある人を「法定相続人」といいますが、基本的には配偶者と子どもが法定相続人になります。

被相続人(故人)と婚姻関係にある配偶者と子どもは、必ず法定相続人になります。

 

子どもがいない場合は、配偶者と故人の親が法定相続人に該当します。故人の父親・母親のいずれも亡くなっている場合は、配偶者と故人の兄弟姉妹が法定相続人です。兄弟姉妹が亡くなっているときは、故人から見て甥・姪も法定相続人になります。

子どもがすでに亡くなっている場合、その子どもの子ども、つまり故人の孫も法定相続人にあたります。

 

相続開始に伴って空き家になる家を処分しようという場合、まず、法定相続人を確定します。そのうえで、誰が空き家の持ち主になるのかを決めることになります。

 

ちなみに、法定相続人の相続割合も決まっています。すでに父親は他界しており、母親の死去で新たに相続が発生した場合、子どもが均等に相続することになります。