土地・建物・相続

JTI「マイホーム借り上げ制度」を利用し、空き家を賃貸に出す

最寄り駅からバス25分の距離でも賃料7万円台 なかには10万円を超す物件も

 

JTIの「マイホーム借上げ制度」を利用して賃貸に出している事例をご紹介します。

たとえば、土地面積は約310㎡、1990年に建築した木造2階建てという福島県のある物件は、最寄り駅からバスで25分と、決して条件がいいとはいえないのですが、7万円台での転貸が実現しています。

 

そのほか、JR外房線の最寄り駅からバスで15分の千葉県の物件(土地面積約220㎡)の賃料は、7万円台。

1980年に建てられた軽量鉄骨造2階建て、土地面積約170㎡、建物面積約100㎡という埼玉県南西部の物件の月々の賃料は8万5000円強。

JR横浜線の最寄り駅から15分弱、1979年建築の軽量鉄骨造2階建てという神奈川県の物件の賃料は11万円台。土地面積はおよそ190㎡、建物面積は120㎡弱です。

名古屋市に隣接する市の物件は、1971年の建築ですが、鉄筋コンクリート構造の2階建てということもあって耐震基準を満たしていることから、7万円台の賃料となっています。

東京都下、土地面積は約380㎡、建物面積は約150㎡の6LDKという東京都下の物件は、介護施設への転貸が実現し、賃料は17万円台。

 

このように、JTIのマイホーム借上げ制度では、築年数や所在地なども含めて、広く利用できるようです。誰も住まなくなった家とはいえ、資産であることに変わりはありません。その資産の有効活用を図るという観点からも、制度利用の検討をしてみる価値はあるはずです。

(そのほかの「マイホーム借り上げ制度」の記事)