土地・建物・相続

いくらで売れる? 自分で売却価格の目安をつける方法

国土交通省や国税庁のデータから、おおよその価格を算出

 

業者が評価した査定の金額が高いのか安いのか、判断するのは難しいところです。

業者間では不動産の実際の取引価格についての情報を見ることができますが、それが一般の人の目にふれる機会はあまりありません。

一般の人にも公開されている情報で主要なものに、国土交通省が運営しているサイト「土地総合情報システム」があります。ここでは、不動産の取引価格情報、地価公示・都道府県地価調査のデータが検索でき、同じく国土交通省が運営する「土地総合情報ライブラリー」でも同様のデータが検索できます。

必ずしも実際の取引価格が反映されているものとはいいきれませんが、ある程度の目安として心得ておくぶんには参考になるはずです。

また、国土交通省が公表しているデータ以外では、国税庁が固定資産税や相続税を計算するために毎年公表している路線価があります。路線価は一定の計算式により地価を算出できるので、これも参考にしてください。


2014/08/11 | キーワド: , , | 記事: