土地・建物・相続

田舎にある先祖の墓を移すときの手続き

年会費や管理費の請求先の確認を

お寺でも、霊苑や墓苑でも、墓地は購入した(する)ものではありません。「永代使用権」は、土地の所有権ではなく、お墓は借りるものなのです。

お墓がお寺の墓地にある場合、地域や宗派によって多少の違いがありますが、年会費や管理費などが設定されているのが基本です。金額は1〜2万円といったところ。親の死後もお墓をそのままにしておく場合、お寺に連絡をして年会費・管理費の請求先を自分あてにしてもらいます。檀家である場合は、本堂の改修などで寄進を求められることもありますが、お墓を維持するためには、連絡先を知らせておくことが不可欠です。

宗派を問わない霊苑や墓苑の場合も、年会費の請求先の変更を申し出ることになります。管理費の滞納が続くと、無縁仏になることもあるので注意が必要です。

遠隔地にあるお墓を、自分の住居地の近くに移す場合

墓地に埋葬されている遺骨や遺体を他の墓地や納骨堂に移すことを「改葬」と呼びますが、当該の役所に「改葬許可申請書」を提出し、許可を得たうえで移すことになります。改葬許可証は、移転先の墓地の管理者に提出します。

ただし、埋葬してある場所によっては、改葬の手間が異なるようです。宗派を問わない霊苑などの場合は契約書類が整備されていることから、その契約書の規約に従い永代使用権の放棄手続きをするなど、事務的にすむはずです。

一方、お寺、それも古いお寺にあるお墓を移そうという場合は、さまざまな手順が必要になります。お寺にとっては支援者ともいうべき檀家が離れることを意味するのですから、まずは、お墓の管理者である住職にワケを話し、円満な解決を図るのが基本でしょう。

そして、そのお寺の住職に供養をしてもらったら、業者などに依頼して遺骨を取り出します。新たな納骨先のお寺でも、そこの住職にお経をあげてもらうというのが一般的です。

両方にお布施が必要になるということです。


2014/07/09 | キーワド: , | 記事: