土地・建物・相続

知っておきたい相続手続きの流れ その2~親が亡くなってから10カ月以内にすること~

 

親が亡くなった瞬間から開始される相続。葬儀や死亡届の提出などが終わると、遺言書の有無の確認や、相続するか放棄するかの決定、相続人の確定など具体的な手続きに進みます。その1に続き、相続人の確定が済んだあとの流れを説明します。

■相続人確定後、相続税の申告までに行うこと■

→●遺産相続・債務の調査
→●相続財産の評価

相続する財産と債務の調査で、被相続人が残した遺産のすべてを洗い出し、相続財産が確定できたら財産目録を作ります。この際の財産の評価は、分割協議をする時点の時価(実勢価格)でするのが原則ですが、よくあるケースとして不動産が問題になります。なかでも土地は、路線価、固定資産評価額、公示価格、基準地価などの基準があるので、非常に複雑なのです。

→●遺産の分割協議

有効な遺言書があれば、故人の遺志を尊重しながら協議を進めますが、ない場合は大変です。「うちの子たちは大丈夫」という方もいますが、金銭の利害関係が生じると豹変してしまうのも事実。ちなみに遺産分割協議は、相続人全員の参加が必要で、ひとりでも欠けていると遺産分割協議は無効となるので注意が必要です。

→●遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書には、記載されている相続人の実印と印鑑証明が必要。そのため相続人の数が多ければ多いほど、手間と時間がかかることになります。よくあるのは、土地や建物の名義をお祖父さんから変更せずに、お父さんが亡くなってしまったケース。この場合、相続人の数が増えてしまい、会ったこともない親戚に実印と印鑑証明をお願いするはめに。そうならないためにも生前に家族で遺産について話し合う場が必要なのです。

→●相続税の申告書作成

ここまでくれば、相続人や相続の内容について、ゴールが見えていることでしょう。次の関心は、いかに節税できるかという点。しかし、被相続人が死亡してからでは、あまり効果的な方法は期待できないかもしれません。やはり、被相続人が存命中に専門家のアドバイスを受けることがいちばん効果的なのは間違いないといえます。また、現金が不足していて、納税できないケースも。その場合は、税理士に相談すると、解決策が見つかるかもしれません。

→●相続税の申告と納付 10カ月以内

→●各遺産の名義変更手続き

土地、建物、相続問題。
これらの問題を解決してくれる専門家がいます

家の中の片づけのあとには、家そのものや土地をどうするかを考える相続の問題がやってきます。住むにしても売却するにしても登記簿の名義変更をしなければならず、手続きには専門的な知識が必要に。また、きょうだいがいるなら、遺産を分割する方法を探さなければなりません。

これらの問題を解決してくれるのは、いわゆる「士業」と呼ばれる専門家。法律や専門知識の豊富なスペシャリストなら、きっと不安を解消してくれるはず。

相続には、さまざまな問題があるため、問題ごとに専門家の力が必要となります。どうすればいいのかわからないときは、まずは、行政書士や司法書士に情報整理の相談をすると次のステップが見えてきます。役所で無料の相談会も開催されているので、ぜひ活用したいですね。


2015/05/11 | キーワド: , , | 記事: