土地・建物・相続

相続手続きとしての不動産の名義変更

両親ではなく、祖父・曾祖父の名義になっている場合も

 

空き家になった家の名義を確認したところ、父親でも母親でもなく、祖父名義だったといったケースは少なくありません。曾祖父(祖父の父親)名義のままだったという場合もあるようです。

 

こうしたケースでは、名義変更に労力も時間もかかります。まず添付書類の用意ですが、祖父の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要になり、除籍謄本や原戸籍謄本(改製によって書き換えられる前の戸籍)などもそろえなければなりません。

 

そのうえで法定相続人(民法で定めらた相続人)を確定するのですが、すでに亡くなっている人の子どもが該当するといったケースは少なくありません。そのため、日常的に連絡をとることのない疎遠な人が法定相続人だったりして、印鑑証明書の提出など、名義変更への同意をとりつけるのに苦労することもあるようです。