土地・建物・相続

不動産売却にあせりは禁物です

なぜ不動産会社ごとに査定額が違うのか

 

不動産の売買では、「信頼できる不動産会社を選ぶ」ことが重要ですが、実際には不動産会社選びは難しいもの。

 

不動産売却を複数の会社に相談すると、不動産会社ごとに「査定額」に差があるのが現実です。物件の相場を知っているのに、会社によって査定額が異なるのは、売却希望者の気を引こうとして、水準より高い査定額を示すからだといいます。不動産業界の人の話では「客のほうから売却希望額を言わず、業者から査定額を引き出すこと。ただし、査定額を高く提示してくる会社がいいとは限らない」というのがセオリーだそうです。

 

高い査定額がついても売れない場合の落とし穴

つまり、高い査定額のとおりに売れればいいですが、売れないと値段を何回も下げたりして、結果として物件の印象が悪くなり、売れるものも売れなくなることが多いもの。また、何軒もの不動産会社に声をかけると、売り手の事情が業界内で筒抜けになり、足元を見られる可能性も。

「あせって安値で売ることもない」といった姿勢が基本です。

親戚や友人など信頼できる人を介して、不動産会社を紹介してもらうのが、最も現実的な方法といえます。