土地・建物・相続

相続手続きをしないと相続はできないの?

手続きナシで相続自体が成立するケースもあります

 

相続手続きが必要なのは被相続人(故人)の財産を動かす場合です。

預貯金を動かす場合には、金融機関から相続人であることの証明書や遺産分割協議書を求められます。不動産を動かすときも同様です。

 

財産を動かす必要のない場合や相続税の納税がない場合は、とくに遺産分割協議書などは作成する必要はありません。相続は親子間などで自然に発生することなので、とくに手続きをしなくても相続自体は成立します。

つまり、一定期間(通常3か月)何もしなければ、法に定められたとおりに相続したと見なされるのです。これを「単純承認」といいます。ただし、分割協議を行わないまま相続した財産は、相続人全員の共有財産となります。したがって、誰かが勝手に処分することはできません。

財産より債務のほうが大きい場合には、相続放棄を選択することもあるでしょう。相続放棄をするには、原則として、相続の発生から3か月以内に家庭裁判所に申し立て、受理してもらう必要があります。