土地・建物・相続

相続人がどうしてもそろわないときはどうする?

戸籍をたどっても見つからない場合、家庭裁判所に申し立てをします

 

遺産分割協議は相続人が1人でも欠ければできません。

相続人の消息がわからないからといって探すことをせずに、残りの相続人だけで合意することもできません。相続人を探すには戸籍をたどっていきますが、この作業は資格を持つ専門家に依頼するほうがいいでしょう。戸籍をたどっても手がかりなしという場合に、相続手続きを進めるには2つの方法があります。

 

ひとつは「失踪宣告」、もうひとつは「不在者財産管理人選任」で、いずれも家庭裁判所に申し立てます。

 

相続人の生死が7年以上(1年でいい場合もあり)不明である場合、失踪宣告の申し立てができます。家庭裁判所が「失踪宣告」をすると、消息不明者は死亡したものと見なされ、残った相続人で相続手続きを進めることができます。「不在者財産管理人選任」は、消息不明の相続人の代わりを立てることで、家庭裁判所が選任した「不在者財産管理人」は、遺産分割協議に参加することもできます。