私の「親家片」体験

家を残したくて貸家にしたが、気苦労が絶えず…… 第1話 ~家の状態や入居者に対して疑心暗鬼に~

思い出のつまった家を残したいと貸家に。しかし家の使われ方や入居者の評判が気になって精神的にくたびれてしまった。
小田島恵子さん 東京都・56歳

 

「ある年のこと、貸した家の庭にあった木が勝手に切られていました。木が枯れてしまって、見栄えが悪いので切ったとか。でも、その切りかたがあまりに手荒くて。また、別の入居者は庭の芝生を勝手にはがしたんです。もしかすると芝が枯れたとか、何かの事情があったのかもしれませんけど、何の連絡もなしに芝生をはがすのは契約違反だと不動産会社に文句を言いました。そのころになると実家のご近所での評判も気になり始め、入居者のせいで、貸し手の私たちの悪い評判が立っているのではないかと、もう疑心暗鬼に近い精神状態ですね。そうして、だんだんと家を他人に貸すことが精神的に負担になってきました」

 

都内に住む小田島さんの話だ。

 

両親が亡くなり誰も住まなくなった実家だが、小田島さんきょうだいは家を売る決心がつかなかった。それで、家が無人のままでは無用心だし維持管理も大変ということで、賃貸物件として貸し出したが、貸したら貸したで気苦労のタネになったという。

 

地元の名士だった父。慌ただしく遺産分割協議書を作成することに

 

佐賀県唐津市にあった両親の家、小田島さんは都合15年ほど実家を貸家にしていたが、その後3年かけて売却した。売ったのは2007年、売価は1400万円ほどだった。

 

小田島さんの父親が亡くなったのは1989年の正月、元号が昭和から平成に変わる3日前だった。母親はその4か月前に他界している。

小田島さんの父親は事業家で、地元では名士。そのため相続財産も多く預貯金だけで2億円近くあり、自宅のほかにも不動産を大小3つ所有していた。

 

「父は地元の名士であったため、葬儀には大勢の人が集まりました。父が名士であった影響はそれだけでなく、父の死はすぐに町中に知れ渡り銀行の預金などの財産がすべて動かせなくなってしまいました。父の代からお世話になっていた税理士さんによると、私たちが納めなくてはならない相続税の額は、それぞれ何百万円ということでした。当時、それだけのお金を自分たちの蓄えから支払うのは、みんなかなりの負担だったので、急いで遺産分割協議書を作ることにしました」

 

小田島さんのきょうだいは、兄と姉、それに小田島さんの3人。いずれも実家を離れ、長兄と小田島さんは都内に、姉は名古屋に、それぞれ居を構えていた。そのため3人が一堂に会し話をする機会は、葬儀の直後ぐらいしかなかった。

 

幸い遺産分割でもめることはなく、遺産分割協議はすんなりまとまった。

預貯金や生命保険金は3等分、所有不動産のうち一番評価額の大きい土地を姉が、残る2つを長兄と小田島さんがひとつずつ、実家は小田島さんと長兄の共同所有とした。

 

まだ売りたくないが空き家のままではまずい……家をこのままにして貸そう!

 

「当時、私はまだ独身だったので、いつか故郷に帰るかもしれないという思いがありました。兄も同じ気持ちでした。姉はすでに嫁いでいましたが、やはり生まれ育った家は残しておきたいと考えたようです」

 

故郷の家には思い出がありすぎて、すぐには売却する気持ちになれないものだと小田島さんは言う。遺産分割協議書の作成と預貯金の移動、そこまで一段落させて小田島さんたちきょうだいはそれぞれ自分たちの暮らしに戻っていった。

この段階では、家具類など一切合切、両親が生前のころのままにしていた。空き家となる実家の管理は、近所に住む、父が事業をやっていたころに従業員だった人が、ときどき風を通しに来てくれるというので謝礼を払ってお願いすることにした。

 

「初盆を迎え、私たちきょうだい3人は、また実家に集まりました。そこで兄がこのまま空き家にしたままだと、何かあったらご近所に迷惑をかけると言い出しました。じゃあ、どうしようとなりましたが、3人とも売却という決心にはまだ至りません。私もいつかここに帰ってくるかもしれないという思いがありましたから、誰言うとなく貸し出そうということに話が落ち着きました」

 

第2話に続きます