私の「親家片」体験

【相続体験談】~借金の返済も遺産開示もしない妹~主婦弁・澤田有紀の「親家片法律コーナー」~

相続に伴う借金のトラブルは多いですが、なかでも身内の借金トラブルは返済がうやむやになりやすく、裏切られたという思いもあり、心情的にも現実的にも痛手が大きいようです。

妹家族は、生活費もすべて同居の父親に依存していた 大島由紀さん(仮名)のケース

家族間で多額のお金を借りていたのは、大島さんの実の妹さんでした。
「母が亡くなったときに、会社を経営していた妹が800万円もの大金を母に借りていたことがわかったんです。父は同居していたのに初耳だったので、大変なショックを受けたようです」
由紀さんは妹さんと2人姉妹。今はどちらも結婚し、子供も成人しています。由紀さんは実家から遠くへ嫁ぎ、お父さんは病気になったのを機に妹さんのマンションで同居を始めました。

「妹の夫が病気で働けなかったので、父がかわいそうだといって妹家族と同居して、生活費をほとんど出していたようです。私は故郷を離れて遠くに嫁いだので、実家のことにまったく目が届かなかった。病気の父を妹に見てもらっているという後ろめたさもあり、情けをかけたのがあだになりました」

じつは由紀さん自身も、妹さんに100万円以上を貸したのに、いまだに返済されていません。しかも、お父さんが入院してからは、お父さんの預金通帳はすべて妹さんが管理していました。明細は残っていませんが、妹さんがかなり使っていたような形跡が……。

「母が亡くなったときに口座が凍結されて大変だったので、私が50万円出して妹名義の口座をつくり、父の口座から少しずつお金を下ろすように指示したのですが、妹はすべて自分名義の定期預金にしていたのです」

結局、お母さんの預貯金の中から由紀さんが200万円をもらって、残りの1000万円余りはすべてお父さんが相続することにして、妹さんには遺産を分けませんでした。

「じつは母が亡くなってから、800万円のほかにも母から相当借りていることがわかったので、妹には相続放棄をさせて、父にも納得してもらいました」

妹に母の遺産を放棄させたが、父の相続では全財産を要求

その後、妹さんが病気をわずらい、2年後にはお父さんも他界。すると今度は妹さんがお父さんの遺産を要求してきました。
「母のときは相続放棄をさせられたし、私は病気で、年金も財産もないのよ。父の介護は私がしたのに、遺産がもらえないのはおかしいでしょ!」

結局由紀さんが折れて、妹さんがお父さんの遺産のほとんどを相続。由紀さんは妹さんに貸した分のほか、お父さんの希望で、実家を更地にした費用の数百万円も立て替えていたのですが、それもいまだに返済されないまま。さらにお父さんの三回忌の件で連絡すると、
「主人が亡くなった。三回忌もこちらでするので来なくていい」
という手紙が送られてきたのです。

「じつは父の死後、実家の土地の固定資産税もこちらに回されて私が払っていました。父の介護をしてもらった負い目もあって大目に見てきたけれど、三回忌に来るなとはあんまりです。『じゃあ、もうこれで(つきあいは)最後にしましょう』と言ったら、『わかった。私が死んでも知らせないから』と言われて、それっきり。相続までは仲がよかったのに。姉妹といえども、いつ何でこじれるかわからないものですね」

「主婦弁」澤田の先生からのアドバイス

仲のよかった姉妹がお金のことでこんなふうになってしまうのは、あと味が悪いですね。妹さん夫婦の病気のこともあって、すべて返済しろと強くは言えなかったのでしょう。家族だからある程度は助け合うのも仕方ない、と思う部分もあったと思います。
でも結果が同じなら、最初からお金を「あげる」ほうがよかったかもしれません。妹さんにも感謝されますし、ここまでこじれなかったかも。お金を管理する必要があったのなら、由紀さんがお父さんに「お金の管理は私がします」と言うのがベストでした。お金を貸したらきちんと借用書をもらうのはもちろん、会社に負債があるのなら法的に整理することも必要ですね。由紀さんが管理するのが難しければ、会計記帳ができる人に財産管理を委任できるとよかったですね

■澤田先生の著書『どうする? 親の相続』には、多くの体験談や相続に関するQ&Aを掲載。相続に関するベストな方法が見つかるはずです!

澤田先生本

navAmazonLogoFooter._V169459455_

澤田先生の法律事務所 弁護士法人みお綜合法律事務所 http://www.miolaw.jp/

sawada澤田有紀 
弁護士。弁護士法人みお綜合法律事務所代表。奈良県生まれ。1985年大阪大学文学部英文科卒業後、商社勤務、エレクトーン講師を経て専業主婦に。阪神淡路大震災をきっかけに、「何か人の役に立つことがしたい」と一念発起。弁護士を目指す。1回で司法試験に合格し、2000年に弁護士の道へ。専業主婦から弁護士になった「主婦弁」として各メディで活躍中。主な著書に『人生を変える!3分割勉強法』(祥伝社)、『カード&住宅ローン危機』、『相続でもめないための遺言書』『どうする?親の相続』(ともに主婦の友社)など。

そのほかの澤田先生の記事はこちらをクリック


2015/07/17 | キーワド: , , , | 記事: