私の「親家片」体験

ひとこと体験談 親家片を進めるうえで大切なことは?

苦労しないためにも、親との話し合いや役所への相談など事前準備が肝心

 

「情報を集めること。経験者の話を聞くこと」(YKさん 52歳 東京都北区 親家片開始年齢50歳)

 

「兄弟がいるなら、日頃から親の家の片づけについて、少しずつ話し合っておくことは大切だと思います。期限が決まってからでは、お互いにあせりもあって、感情的になりやすいかもしれません」(YSさん 60歳 福島県福島市 親家片開始年齢58歳)

 

「義母は“いずれどうにかなる”と言って、何もしませんでした。けれど、いずれどうにかなるなんてことはありえません。亡くなったあとで、片づけで困るということを、もっと真剣に義母に伝え、少しでも理解してもらいたかった」(HOさん 60歳 静岡県熱海市 親家片開始年齢58歳)

 

「わからないことは専門家や役所に相談することが大事」(NNさん 54歳 静岡県富士宮市 親家片開始年齢34歳)

 

「整理にめげてしまったら、“全部捨てる!”と思えば気がラクになります。もちろん、捨てるのにもエネルギーがいるのですが。親家片では精神的なダメージが思いのほか大きいので、健康、特に精神面に気をつける必要があると感じます」(MKさん 63歳 神奈川県横浜市 親家片開始年齢53歳)