「親家片」ストレス

親の家の片づけ体験、誰かに話してみませんか?

「親・家・片」で悩んでいるのはあなただけではありません!

弊社が『親の家を片づける』という書籍を発売して、

一番多くいただいた感想が、

「自分だけじゃなかった」というものでした。

親の家の片づけでどれだけ多くの方が悩んでおられるのかということを

編集部もあらためて知ることになりました。

多くの方が自分だけだと思っていたのは、

親兄弟ともめるのはうちぐらい、

こんなにモノが多くて大変なのもうちだからだろう。

そして個人的な家族の恥を晒したくない、知られたくないという気持ちも。

「親・家・片」の悩み事は誰かに聞いてもらったほうがいい

でも、いまこのテーマに関心を持ってくださる方が多いのは、

たくさんの人が悩んでいる、悩んでいたことだからです。

一人で問題を抱え込むのではなく、

誰か気のおけない人、信頼の出来る人、

たとえば友達、夫や子どもに話してみませんか。

いまこんなに大変なんだ、こういうことで辛いということを

口にしてみませんか。

辛いということまで言うのは気がひけるのなら、

話題の一つとして。

「実は私も」という人、きっと多いと思います。

家族の事情を話すことにためらいがあるのなら、

体力的に大変だとか、部分的でも。

自分ひとりで抱え込まず、

誰かに聞いてもらうことによって

少し気持ちが楽になることも。

気のおけない人を選んで、試してみてください。