「親家片」ストレス

「親・家・片」を手伝わない兄弟姉妹へのストレス

手伝ってくれない兄弟姉妹に対して怒りが

親家片を通して、兄弟姉妹に対してストレスを感じたと訴える人の多さには驚かされます。

「“何かやることがあったら、お手伝いします”という一見協力的な義弟の嫁の言葉に、怒りがこみ上げました。
“あったら?”“ 手伝う”……自分が当事者という意識が全くない言葉です。
兄嫁の私はやらなくてはいけないことが山積みで押しつぶれそうだったのです。
それを横で見ていてわからないの!? と。
いつもなら善意の言葉と受け取れたのでしょうが、これほど腹が立つとは自分でもびっくりしました
(KHさん 42歳 千葉県船橋市 親家片開始年齢41歳)

兄弟姉妹の何気ない発言が、あなたを苦しめる

悪気がないにしても、兄弟姉妹がのほほんと他人事のように静観していたら、親家片でボロボロになっている人の気持ちはささくれ立ってしまいます。

手伝いを申し出ることもなかった兄弟姉妹に、無責任に「もっとこうしたほうが、親家片がスムーズに進むんじゃない」と言われ、憤慨した人もいました。

親家片で大変なときに欲しいのは、心からのねぎらいです。

しかし、孤独に作業する苦悩を、親家片の現場にいない兄弟姉妹はなかなか理解することができません。それで、なにげなく配慮や思慮に欠けた発言をしてしまい、そしてその発言が親家片を担っている人を追い詰めてしまうのです。

「私ひとりに押しつけられた」

「いつも私だけが何もかもやらなくてはならない」

「何のために私ひとりがこんなことをしないといけないのか」

この思いが深刻化して、親兄弟のせいでこんな目にあうという考えに陥ってしまった人もいます。

それが高じて、親家片以降、手伝わなかった兄弟姉妹と距離をおくことになった人も。

兄弟姉妹と絶縁したという人までいました

「母が入院して自宅に戻れそうもないことがわかると、兄嫁から“すぐにでも家を処分したい”と言われ、とてもショックでした。

兄夫婦は母の家の片づけにはほとんど協力してくれませんでした。兄(きょうだい)妹関係は悪化し、その後、交流はなくなりました」
(KKさん 55歳 埼玉県さいたま市 親家片開始年齢54歳)

 

ひとり暮らしの母を私が引きとると決まったときに、兄は全く手伝ってくれませんでした。親戚の協力も少なかった。

それで、ほとんどすべての片づけを私と夫でやりました。母は役に立たないものばかり買い込んでいて、処分が大変でした。

夫が手伝えるのは、会社が休みの週末だけだったので、粗大ゴミを2階から1階に下ろしたのも私ひとりです。今思えば、よく腰を悪くしなかったものだと思います。もう二度とこんなことはしたくありません」
(HOさん 45歳 兵庫県神戸市 親家片開始年齢40歳)

 

長男である弟は仕事を理由に、妹は病弱を理由に全く手伝ってくれませんでした。妹は実家を片づけることにとりわけ抵抗感が強く、かといって地代や維持費を払う意思もなく、手伝うどころか片づけのじゃまになりました。

“なんとかなる”と言い続けた母。片づけを拒否した弟や妹。そのために、父が生前に住んでいた家を、私たち夫婦で片づけざるをえず、横浜から実家のある富山まで何度も何度も通いました。
長女の責任を果たしたという心境です。兄弟姉妹で協力できる人がうらやましいです」
(SSさん 72歳 神奈川県横浜市 親家片開始年齢62歳)

親と兄弟の間に立たされ、新たなストレスが生まれる

「母の家がゴミ屋敷になっているとわかったとき、私は病気で退院したばかり。リハビリをしているような状態でした。それで妹夫婦が2回ばかり母の家を片づけてくれました。
しかし、妹が片づけに行くたびに母は私に電話で、猛烈な怒りを延々とぶつけました。
長女の私は子どもの頃から、母の暗い気持ちの受け皿のようなものだったのです。母をなだめるのがどれだけ大変だったことか。
母が亡くなると、妹は〝あのとき私が片づけたから、あとはお姉さんが全部やって〟とすっと手を引いてしまいました。私は独身で、体調もまだ万全ではありません。とりあえず実家に通い始めましたが、3回でやめました。
ひとりではとても無理ということがわかったことがひとつ。それに孤独に作業していると、母と妹に対する恨みのような負の感情が心の中からぶくぶくとわき上がってきたからです。今は毎回、友人にお願いして、手伝ってもらっています」(UKさん 57歳 東京都武蔵野市 親家片開始年齢55歳)

相続の問題や嫁・小姑問題が親家片の最中に深刻化

「母が亡くなり、本格的に親家片にとりかかりました。
同時に相続手続きも始まったのですが、母の預金から母の入院中に何百万円も引き出されていることがわかりました。

その頃、私は母の介護を担当し、フルタイムで働いている妹は支払いなど会計を担当していました。妹は母の入院費用にあてたと言いますが、領収書すら見せてくれません。フルタイムも理由にして、今では妹は親家片も知らんぷりです。
介護と親家片を私にすべて押しつけて、自分はお金をとっていく。相続が終わったら、もうつきあうつもりはありません
(KHさん 58歳 千葉県千葉市 親家片開始年齢52歳)
「10年ほど前、祖父母の家を、嫁で祖父母を看取った母と、母にとって義妹(私にとっては叔母)が片づけたとき、トラブルがあったようです。

“面倒を見てきた”という母の気持ち、一方で〝きつい嫁〟と感じていた義妹たち。片づけを通して、お互いに感情が高まってぶつかったようでした。
身内や兄弟姉妹が多いと、手がたくさんあって作業がラクと思われがちですが、いろいろな考え方、やり方の人間がいて、大変な場合もあります
(HNさん 51歳 埼玉県蓮田市 自身は親家片未経験)


相続や嫁・小姑問題が生じると、さらに親家片の作業がつらくなってしまいます。

 

NEXT「注意!「親・家・片」ストレスでうつ状態に陥ることも」


2014/06/29 | キーワド: , | 記事: