「親家片」ストレス

「大変さ」「しんどさ」をひとりで抱えずに、言葉にして

自分の「親家片」を話そう

 

自分の思いを素直に打ち明けられる場があると、精神的にとても救われます。

もし同じ経験をした友人がいれば、なおけっこう。ぜひ、話をする機会をもってください。親家片には、経験した人でないと理解しえない大変さがあります。お互いのしんどさがわかるからこそ、本音が言えますし、やさしいいたわりの言葉も飛び出すはず。

 

話すだけでなく、文章に思いをつづるのもよい方法です。

そんなときにも役立つのが「親家片ノート」。今、思っていることを率直につづってみましょう。

気持ちを文字にすることで、心が整理されていきます。心の重荷が少し軽くなります。

そして書き終える頃には少し心が静まり、自分を客観的に見ることができるように。

ブログに書くのもおすすめです。


2014/10/30 | キーワド: , | 記事: