親家片って何?

悔いを残さない明るい「親・家・片」を目指そう

負の感情にとり込まれない親家片のあり方を考えていこう

「親家片」は今や、誰もが向き合わざるをえない問題です。

急増したこの親家片に、これまで多くの人が手探りで挑みました。

「親家片は予想外のことの連続で、私にとってはおどろおどろしいことでした」
(AMさん 58歳 東京都大田区 親家片開始年齢53歳)

あんなに頑張ったのに……悔いが残ることも

一生懸命、親家片をやったのにもかかわらず、「後悔が残った」「親家片を終えて何年もたつのに、すっきりしない思いを抱えている」という人が、残念ながら少なくありません。

その実体を少しでも理解して、納得してから始めていたら、気持ちや体の負担が多少なりとも軽くなるのではないかと思います。

親家片は、肉体的にも精神的にも大変な作業です。

そのうえ、親との最後の時間でもあります。

だからこそ、「やってよかった」と言える親家片であってほしいのです。

悔いを残さない、負の感情をもたずにすむ明るい親家片のあり方を考えていきましょう。


2014/06/25 | キーワド: , | 記事: