親家片って何?

有料老人ホーム? サービス付き高齢者向け住宅?

最近注目されている「有料老人ホーム」「サービス付き高齢者向け住宅。どんな施設なのでしょう?

有料老人ホーム

老人福祉法に規定された高齢者向けの居住施設です。食事の提供、入浴、排泄、食事の介助、洗濯、掃除などの家事、健康管理などのサービスを提供しているものをいいます。サービス内容により「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3種類があります。

 ①介護付有料老人ホーム

介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた施設で、食事や清掃から介護サービスまで、すべてを施設のスタッフが提供してくれます。要介護1以上の人を対象に限定した「介護専用」型と、要介護認定されていない人でも入居できる「混合」型があります。

②住宅型有料老人ホーム

介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定を受けていない施設で、食事サービスと、緊急時の対応などの日常的な生活支援サービスだけを行います。介護サービスが必要な場合には、入居者個人が外部のケアマネジャーと相談して選択します。要介護度が相応に高くなると、住み続けるのが難しくなることもあります。

③健康型有料老人ホーム

食事や清掃などのサービスがついた施設です。基本的に自立して生活できるけれど、家事が面倒だとか、万が一のときにひとりでは不安、などと考える人のための選択肢になります。自立して暮らせることが前提のため、介護が必要になったら退去するか、介護付有料老人ホームなどへ転居しなければなりません。

【サービス付き高齢者向け住宅】

最近になってふえてきたのが「サービス付き高齢者向け住宅」です。マンションのような集合住宅内の個室で、原則として床面積が25㎡以上あり、各部屋にはトイレや浴室、キッチンなどが備えられています。手すりの設置や、床に段差がないなどバリアフリーで、安否確認と生活相談のサービスが供されること、また介護福祉士やホームヘルパーなどの専門スタッフが、少なくとも日中は建物内に常駐していることも特徴です。ただし、事業者によって、食事の提供や洗濯、掃除といった生活支援サービスや、ヘルパー派遣など介護保険を使った介護サービスの提供や内容は異なります。必ずしも家事の援助や介護が受けられるわけではないので、確認が必要です。毎月の家賃、生活支援サービス費などがかかります。有料老人ホームのように、長期入院や体調悪化を理由に事業者から一方的に解約されるようなことはありません。

※有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅ともに、リーズナブルなものから高級志向のものまで、入居者のニーズに合わせてさまざまなタイプが用意されています。


2014/07/01 | キーワド: | 記事: