親家片って何?

「特養」「老建」ってどんな施設?

高齢者の施設にはいろいろな種類があります

ひとくちに老人ホームといっても、リハビリや認知症介護などを目的とした施設や、介護の程度によって利用できる施設など、さまざまです。また、最近では老人ホームとは目的が異なるサービス付きの高齢者住宅もふえています。

【特別養護老人ホーム】

「特養」と呼ばれ、常時介護が必要で在宅生活が困難な65歳以上の要介護者が対象の、長期入所の老人福祉施設です。入浴、排泄、食事の介助など日常生活上の世話、機能訓練、健康管理、療養上の世話を行います。設置運営は地方自治体または社会福祉法人、医療法人に限られており、公費の援助を受けることができ、施設サービス費はほかの施設に比べて低く抑えられています。そのため入所希望者が多く、入所までの待機期間が2~3年の場合も少なくありません。

リハビリを中心とする医療ケアと介護を必要とする場合に入所する介護老人福祉施設も特別養護老人ホームに含まれます。

 【介護老人保健施設】

自宅復帰をめざし、リハビリに重点をおいた介護を行う施設です。リハビリを目的としているため、ほとんどの場合、入所期間は3カ月がめどとなっています。病院で治療を終えて自宅に戻るための準備や、ほかの施設へ移るための準備などのために利用することもあります。「老健」と呼ばれます。

【グループホーム】

認知症の高齢者のための施設として﹁グループホーム﹂があります。1ユニット5~9人で共同生活を営む住居で、食事や入浴などの介護や支援、機能訓練を受けられます。

【ケアハウス】

比較的軽い生活支援サービスで大丈夫な人には「ケアハウス」があります。ひとりで暮らすのは不安だけれどひと通り日常生活を自立して送ることができる、家族の援助が困難な状態にある高齢者向けの施設です。食事や入浴など生活支援サービスを受けることはできますが、介護サービスが必要になった場合には、介護保険の訪問介護サービスを利用するのが一般的です。また日常的に介護が必要となった場合、施設としての対応が困難になり退去ということもあります。

 

NETX「有料老人ホーム・サービス付き高齢者向け住宅とは?」


2014/06/21 | キーワド: | 記事: