親家片って何?

親の家は、モノがあふれている 「親・家・片」心得7か条 2

モノがあふれているのは当たり前です

親世代にとって、モノは豊かさの象徴です。

まだ使えるのにもったいないからと、二度と使わないものまで後生大事にとってあります。

そのため、あらゆる収納スペースにモノを詰め込み、どこに何があるのか、自分が一体どれだけのものを持っているのかということさえ、多くの人が自覚していません。

何十年もの間、処分しない、処分できなかったのですから、モノがあふれているのは当たり前です。

 

NEXT「家の中の状態を冷静に総点検 親家片心得 7か条 3」


2014/06/22 | キーワド: | 記事: