その他

介護費用の捻出法、これが正解

介護保険サービスを利用する時は、お金を払う必要があります。それ以外にも、親のもとに帰省するための交通費や、親に代わって日用品を購入するなど、介護が始まると何かとお金がかかります。介護費用は、誰が負担するのがいいのでしょう?

介護費用は親のお金を使うのが基本

介護が始まる年代は、人それぞれ。働き盛りの人もいれば、すでに自分自身が年金世代という人もいるでしょう。自分自身の子どもの教育にお金が必要、住宅ローンなどの負担があるなど、家計の状態もさまざまです。ですが、どの年代であれ、自分自身の老後について考えておいたほうが良いという事に違いはありません。親が経済的に相当困っているという場合を除いて、「親の介護には、親のお金を使う」のが基本です。離れて暮らしている場合、帰省の費用を親からもらっている人も少なくありません。親が子の世話になることを「申し訳ない」と思っているような時は、交通費を出すことで親のプライドが満たされることもあります。将来、遺産相続をするよりも、お金の使い方ともいえるでしょう。ただし、兄弟姉妹がいる場合は、介護に親のお金を使う事と、どのように使ったかを共有しておきましょう。後々、トラブルにならないよう、介護家計簿を作って記録を残しておくと安心です。親に頼まれて買った物のレシートや、介護の手続きにかかった費用の領収書などを、貼っておくといいでしょう。(太田差惠子さん・離れtれ暮らす親のケアを考える会「パオッコ」理事長)


オススメ記事

Recommend