その他

あなたは勘違いしていない? 「介護認定」を申請するタイミング

介護保険の「介護サービス」は、親が寝たきりになったり、重い病気にかかったりしないと利用できないと思っていませんか。実は、「介護は必要ないけれど、家事や日常生活に支援が必要」という人が受けられるサービスもあります。要介護認定の申請は、いつするのがいいのでしょう?

親が「弱ってきた」ら、要介護認定の申請を

要介護認定は大きく分けて「要支援」と「要介護」があります。要支援は、現在は介護の必要がないものの、将来、要介護状態になるおそれがあり、6ヶ月以上継続して家事や日常生活に支援が必要な状態をいい、2段階に分かれています。要介護は、原則として6ヶ月以上継続して、入浴、排泄、食事などの日常生活動作について常時介護を要すると見込まれる状態のことをいい、5段階に分かれています。元気と思っていても、70代後半~80歳にもなると、客観的に見て弱っていることも多く、要支援と認定されることも少なくありません。親が寝たきりになったり、重い病気にかかっていないからと要介護認定の申請をためらう必要はありません。「以前と比べて弱ってきた」「親が自分で出来ないことが増えてきた」と思ったら、親の住まいのある役所の介護保険の窓口で「要介護認定」の申請を行いましょう。

「非該当」も利用できる自治体のサービス

認定の結果、「要支援」にも「要介護」にもならず、「非該当(自立)」となった場合には、介護保険のサービスは利用できませんが、自立状態を保つために自治体が独自で実施している「介護予防事業」などのサービスを利用できることがあります。親の中には、支援や要介護と認定されても、ヘルパーやデイサービスの利用はいやと言う人もいます。この場合でも、お風呂のイスの購入や自宅の改修費の支給など、使えるサービスがいろいろとあります。介護保険料を払っているのですから、サービスを受けるのは当然の権利。親が申請をいやがっている場合は、かかりつけ医からすすめてもらうのもよい方法です。(太田差惠子さん・離れて暮らす親のケアを考える会「パオッコ」理事長)


2015/07/14 | キーワド: , , , , | 記事:

オススメ記事

Recommend