ニュース&トピックス

「親家片」講演会は親世代と男性の興味関心も高い

11月16日(日)
よみうりカルチャーセンター神戸校で講演会がありました

大変遅くなりましたが、先月行われた講演会が2つのご報告です。

1つめは「よみうりカルチャーセンター神戸校」での講演。

当サイト編集長の古戸が2時間講演をいたしました。

100名を超えるお客さまで、子世代・親世代双方がいらっしゃいました。

ご夫婦で、親子でという方も何組も。

また、男性も非常に多く、前方に席をとられて

熱心にメモを取られている姿が印象的でした。

この問題が親子・家族・そして親世代にも男性にも

全く人ごとではないのだなと感じさせるお客さまの顔ぶれでした。

11月30日(日)は、尼崎女性市民フォーラムのワークショップ

続けてこちらは尼崎の女性市民フォーラムのワークショップ。

こちらの講師は当ウェブサイトでも連載して頂いている

弁護士の澤田先生です。こちらも2時間。

ご自身が2件の家の「親・家・片」をされているリアルな体験と、

法律的に知っておいた方がいい相続問題について

丁寧にお話いただきました。

60名弱のお客さまで、親世代、男性も大勢いらっしゃいました。

田舎の家をどうしたらいいのかわからないなどの具体的な質問が

多数寄せられました。

個々の皆さんの質問がそれぞれのご家族の事情もあって

多岐にわたっておられ、

親の家そして親の数だけ、悩んでお困りになられている方が

いらっしゃるのだとあらためて実感した2日間でした。

来年、皆様のお近くに「親家片」問題で伺う機会がございましたら

そのときは是非よろしくお願いいたします。

 

 


2014/12/27 | キーワド: , , , | 記事: