片づけ方のコツ

親・家・片の標準装備は汚れてもいい服装とマスク

大掃除をするつもりの服装で

親の家の片づけなんだから当たり前と言われてしまいそうですが、家の大掃除とはちょっと違う側面があります。

親が片づけるのが困難になった家は思った以上に汚れている、一見片づいているような家であっても、手の届かないところにはホコリがたまっている、先祖代々の蔵の中や数年さわっていないような納戸などは、鼠のフンやゴキブリの死骸のある可能性がある、わたぼこりなどの汚れだけでなく、年季物の梅酒など液体のゴミもある、半分固まった洗剤や油など、形状を変えた手強いゴミもある、においの強い香水などのゴミも出てくる……などなど、挙げればキリがありません。

「手強いゴミ」と対峙するためには汚れてもいい服

匂いがつく、思いがけない場所でとれにくい汚れがつく、そんな大掃除を超えた、親・家・片のためには、汚れを気にせずに作業ができる服装がいいでしょう。

ホコリ対策にはマスクが必需品です

そして、マスクは必ず用意してください。

きれい見えても、古いものを引っ張り出すと、目に見えないホコリがたくさん立ちます。

自分自身の健康のためにマスクを使いましょう。

特に気管支の弱い人は、症状が悪化してしまう可能性もあります。

始めるときには汚れてもいい服装とマスクを標準装備としてご用意ください。

 

 

 

 

 


2014/07/27 | キーワド: , , | 記事: