片づけ方のコツ

親家片ってどんなふうに進めるの?② 【具体的なプラン立て~親家片開始編】

予定通りに進まなくて当然。
状況にあわせて調整を

実家の現状確認をし、ゴミの収集日などの情報を集めたら、次は具体的な片づけプランを立てます。

モノがあふれる親の家を前に、「何から手をつけていいかわからない」と立ちすくんで
しまう人も多いはずですが、現状をしっかり把握し、必要な作業を洗い出せば、必ずゴールまでの道筋は見えてきます。

STEP3 基本方針を決める

まず、家のどの範囲を片づけるのかを決めます。そして、「いつから、誰が中心となって、どの順番で片づけるのか」「処分に必要な費用はどうするか」といった基本方針をひとつずつ明確にしていいきましょう。

■決めておくこと

●いつから始めるのか
●片づける中心メンバーは誰か
●どんな順序で片づけをすすめるか

STEP4 具体的な作業の確認

基本方針にのっとって、おおまかな作業の流れを計画表に書いてみましょう。粗大ゴミとして出すのか、リサイクルショップに持っていくのか、きょうだいで作業をどう分担するか、なども確認をします。

■確認しておくこと

●大物家具をどう処分するのか
●残すもの、処分するものの仕分け

STEP5 実作業開始

いよいよ片づけ作業に着手! 作業中は、想像以上に体力も気力も消耗するもの。穏やかな気候の時期を選び、あまり根を詰めて長時間の作業にならないようにペース配分をしましょう。

親家片には、予想外の問題もつきもの。計画通りに進まなくても自分を責めたりする必要はありません。作業時間やかかった費用、業者との交渉内容などを随時メモしておくと、大事なことを忘れたりする「うっかりミス」予防に。親家片専用のノートを用意すするのもおすすめです。

 

 

 


2015/06/02 | キーワド: , , , | 記事: