専門家に聞く

主婦弁 澤田有紀の「親・家・片」法律コーナー 第3回 親が亡くなった場合の相続の問題について

相続を放棄するには

今回は相続放棄の手続きについて詳しく説明します。

 

①相続放棄には期限がある!

亡くなった親が多額の借金や保証債務などを抱えていることが分かった場合には、家庭裁判所に相続放棄の申述の手続きをする必要があります。

 

粗続放棄の手続きは、相続が発生したことを知ってから3カ月以内にするのが原則です。

ひらたく言えば、親が亡くなったことを知った時から3カ月です。

この期間内であれば、手続きは特に難しくありません。

 

相続放棄の申述をせずに3カ月を経過した場合や財産を相続する手続きをした場合には、相続を単純承認したものとみなされます。ただ実務上、3カ月を経過していても、借金の存在を債権者から請求されるまで知らず、かつ、それまでにほかの財産の相続放棄の申述をすれば受理されるケースもありますので、あきらめずに弁護士に相談してください。

 

親戚一同がまきこまれる!

亡くなった方から見て子供全員が相続を放棄すると、亡くなった方の親に相続権が発生します。

親が既に死亡している場合は、亡くなった方の兄弟姉妹関係に相続権が発生します。

すでに兄弟姉妹が死亡している場合ではその子供(すなわち甥や姪)まで相続権が発生します。

 

したがって、これらの関係者全員が相続を放棄してはじめて、「誰も相続する人がいない」という状態になりますので、多額の負債がある場合は、親戚一同が相続放棄の手続きに巻き込まれることになります。

実際に私の事務所でよくご依頼をいただく例ですが、親が昔、事業に失敗して会社は破産したけれども個人破産はせずに放置していたようなケースでは、親が亡くなった後、親の兄弟やその子供まで連絡を取って、とりまとめて相続放棄の手続きをさせていただいています。

 

放棄するかどうか決めかねるときは、延長を申請

相続放棄ができるのは、原則として親が亡くなったことを知ってから3カ月以内ですが、3カ月の間に財産や借金の調査が完了せず、相続するかどうか決めかねるときには、3カ月の期間の伸長(延長)を申し立てることができます。

 

手続きの具体的な進め方や書式は、家庭裁判所のホームページで詳しく説明されています。

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_kazi/kazi_06_13/index.html

 

(太字の専門用語については下記の解説も参考にしてください)

相続放棄の申述

相続人が被相続人(亡くなった方)の権利や義務を一切受け継げないという選択をした場合に、家庭裁判所に申し立てる手続き。借金などが多い場合、この手続をしておかないと、被相続人の債権者に対して対抗できない。

 

単純承認

相続人が被相続人(亡くなった方)の財産などの権利や借金などの義務をすべて受け継ぐこと。何も手続きをしなければ単純承認となる。

 

個人破産

借金を払いきれない場合に、裁判所に申し立てをする。個人の場合には破産手続きの後、「免責」という借金を免除してもらう決定をもらう。多額の保証債務などがあって払いきれない状況でも、破産手続きをしないまま過ごす人もいる。

 

澤田先生の法律事務所 弁護士法人みお綜合法律事務所 http://www.miolaw.jp/

sawada澤田有紀 
弁護士。弁護士法人みお綜合法律事務所所属。奈良県生まれ。昭和60年大阪大学文学部英文科卒業後、商社勤務後エレクトーン講師に。阪神淡路大震災をきっかけに、「何か人の役に立つことがしたい」と一念発起。弁護士を目指す。1回で司法試験に合格し、平成12年に弁護士の道へ。専業主婦から弁護士になった「主婦弁」として各メディで活躍中。主な著書に『人生を変える!3分割勉強法』(祥伝社)、『カード&住宅ローン危機』、『相続でもめないための遺言書』(ともに主婦の友社)。

 

そのほかの澤田先生の記事はこちらをクリック