専門家に聞く

親の家の相続問題:土地が広いほうが実は売却しにくい!?【大久保恭子の親の家の有効活用指南】

一戸建ての場合、土地面積が広ければ広いほど、売却時に買い手がつきそうなイメージがありますが、本当のところはどうなのでしょう。時代の流れとともに変わってきた生活スタイルや家族構成と、大きなつながりがありそうです。

土地が広ければ活用しやすいとは限らない

地方の郊外部に建つ親の家が一戸建ての場合、土地が 60 坪以上、建物の総床面積が200㎡前後、間取は5LDK以上といった広いものが、多数あります。東京都に暮らす松木玲子さん(仮名 53 歳)の親の家は佐賀県にあります。この家の間取りはなんと7DK。2つの家をつなげてリフォームした築 40 年のものです。

この家に現在ひとりでお住まいのお母さまが、来年早々に高齢者向けの集合住宅に転居することになり、この機に売りに出すことにしたのです。

当初は、これだけ広い家なので、二世帯同居の方に買ってもらえればいい、と楽観的に思っていたところ、いざ、売り出そうと不動産会社に下見してもらったらカウンターパンチを食らってしまいました。このご時世、こんな広い家を欲しがる人はそうはいませんよ、とのことでした。なぜ、広い家は敬遠されるのでしょうか。

小世帯化で広い家を希望する人が減少

日本ではどんどん小世帯化が進行しています。平均世帯人数は平成 27 年2・5人を下回っています。かつて標準世帯といわれた、夫婦と子ども2人の4人家族世帯は減少し、単身世帯が一番多くなってしまいました。

単身世帯は約 33 %、夫婦と子世帯約 26 %、夫婦のみ世帯約 20 %です。さらに 20 年後は単身世帯が 40 %に増える半面、夫婦と子世帯は 20 ・8%と減っていく予想です(国土交通省国土審議会政策部会における試算)。

1世帯当たりの家族数が減れば、必要な部屋数も減ってきます。単身世帯であれば1LDK、夫婦 2 人なら2LDK、家族なら3LDKが一般的に求められる間取りです。

広い親の家と、買いたい人、借りたい人の間にはミスマッチ現象が起きているのです。

親の家の空き家対策について、もっと詳しくお知りになりたい方は、こちらの本をぜひ!

『どうする? 親の家の空き家問題』著 大久保恭子

どうする?親の家の空き家問題書影

navAmazonLogoFooter._V169459455_

_DSC7779大久保恭子
「マンション評価ナビ」の企画・運営を手がける㈱風の代表取締役。
1979年リクルート入社。週刊住宅情報編集長、執行役員等を務める。日立キャピタル業務役員、日本住宅ローン取締役を経て、2005年、㈱風の代表取締役就任。一般財団法人 住まいづくりナビセンター理事を兼務。
その他、国土交通省 社会資本整備審議会建築分科会委員、東京都住宅政策審議会委員などの公職を歴任。著書に『マンション選びは「立地」がすべて』『お片付けは「家ロジ」で。』がある。

2015/12/21 | | 記事:

オススメ記事

Recommend