専門家に聞く

相続は必ずする? 放棄やほかの方法は?【主婦弁・澤田有紀の親家片法律コーナー】

「限定承認」や「相続放棄」も可能、期限は3カ月以内

故人(被相続人)の財産を相続するかどうかは、相続人の意思にまかされています。

たとえば故人に多額の借金があった場合は、悩みますよね。そんなときのために、相続方法には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3種類があり、相続人は自由に選ぶことができます。

「単純承認」とは、何も手続きをしないで、普通に自分の相続分を相続すること。プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含めてすべて相続するので、もし相続した財産より借金が多くても、返済する義務を負います。

財産を一切相続しないなら「相続放棄」、プラスの範囲でのみ相続したい(相続した財
産の範囲内で借金を返済する)場合は「限定承認」を選びます。どちらも相続があったことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所に申し立てが必要です。この期間内に申し立てをしなかったり、相続財産を処分したりすると、「単純承認」をしたことになります。

たとえば被相続人の預金から葬儀費用を下ろしても、財産を処分したといわれる可能性があるので、気をつけてくださいね。

限定承認は手続きなどが複雑になる場合も

また、この2つの方法には注意点があります。

「相続放棄」の場合は、はじめからその相続において相続人ではなかったことになりますので、車や自宅の名義変更も含め、相続手続きは一切できなくなります。

「限定承認」をすると、相続財産の清算手続きが必要となります。ほかの相続人への影響が大きいので相続人全員でしなくてはならず、ひとりでも単純承認をする人がいると、できません。また相続税などが発生する場合、税金の計算がやや複雑になります。

このような条件があるため、「限定承認」を検討しても、「相続放棄」を選ばれるかたのほうが多いようですね。また実際には借金がなくても、「親戚の相続人になるといわれたけれど、財産の状況がわからず、借金があるかもしれないから」という理由で「相続放棄」をされるかたもいます。相続放棄は、いったんすると、あとで簡単には取り消しができないので、よく考えて行ってください。

 

【相続の方法は3種類】
①単純承認…借金などマイナスの財産も含めてすべて相続します。
②限定承認…相続する財産の範囲内で借金も相続します。相続人全員での手続きが必要です。
③ 相続放棄…遺産を一切相続しないということ。最初から相続人ではなかった扱いになります。
ひとりで手続きが可能です。
  ※②と③は、相続があったことを知ってから3カ月以内に家庭裁判所で手続きが必要です。やむをえない場合には、期限の延長を申し立てることができます。

 

■澤田先生の著書『どうする? 親の相続』には、多くの体験談や相続に関するQ&Aを掲載。相続に関するベストな方法が見つかるはずです!

澤田先生本

navAmazonLogoFooter._V169459455_

澤田先生の法律事務所 弁護士法人みお綜合法律事務所 http://www.miolaw.jp/

sawada澤田有紀 
弁護士。弁護士法人みお綜合法律事務所代表。奈良県生まれ。1985年大阪大学文学部英文科卒業後、商社勤務、エレクトーン講師を経て専業主婦に。阪神淡路大震災をきっかけに、「何か人の役に立つことがしたい」と一念発起。弁護士を目指す。1回で司法試験に合格し、2000年に弁護士の道へ。専業主婦から弁護士になった「主婦弁」として各メディで活躍中。主な著書に『人生を変える!3分割勉強法』(祥伝社)、『カード&住宅ローン危機』、『相続でもめないための遺言書』『どうする?親の相続』(ともに主婦の友社)など。

そのほかの澤田先生の記事はこちらをクリック


2015/07/24 | キーワド: , , , | 記事: