専門家に聞く

効果的な節税には時間が必要だと心得ておく【税理士アドバイス その3】

 

効果的な節税は、親に長生きしてもらうこと

「金のなる木は、さまざまな植え方があります。ただし、木が育つことを見届けるには時間が必要。相談に見えられた親世代に、私はこういっているんですよ。『長生きすることがいちばんの相続対策。これからは人生を楽しみながら少しでも長生きし、我々に時間をください』と。

親子の関係も同じです。時間をかけて向き合えば、ギャップを埋める方策は必ず見つかります。長生きすればするほど、円満な相続を実現する可能性は高まるのです」

腰が上がらないきょうだいでの話し合い。
でもそれが円満な相続には不可欠

決められたエリア内でバトンタッチを行うのがリレーのルール。相続の手続きもそれは同じです。エリアの終わりは、誰にもわからないので、そこに工夫の余地があります。税理士はこの余地を活用する知識のある専門家。相続について不安を感じたなら、まずは相談することが不安解消の第一歩なのです。

そして専門家のアドバイスをもとに、一刻も早く家族内で話し合うことが大切。親子の間だけなく、きょうだいの話し合いも大切です。それをないがしろにした結果、親の死が家族のトラブルにつながることにもなりかねないからです。

「不安の解消に大切なことは、専門家に相談することはもちろんですが、相続について自分なりに学ばれることも大切です。しかし体調が悪いとき、自分で薬を調合しようと
考える方はいませんよね。相続問題もそれは同じ。税理士という専門家にぜひ一度相談し、そのオピニオンを聞いてほしいですね」

73_zu

相続財産には、プラス財産とマイナス財産があるので、収支を考えて「相続放棄」するなら相続開始から3カ月以内に手続きが必要となる。期限を過ぎた場合や、一部でも売却した場合は、相続を承認したとみなされる。

税理士法人 麻布パートナーズ 総括代表 小見山満さん

税理士法人 麻布パートナーズ
〒106-0032 東京都港区六本木3-6-9 K2ビル
TEL:03-6697-7000
URL:http://www.komiyama-cpa.com
お問い合わせはこちら info@komiyama-cpa.com

 

 


2015/05/20 | キーワド: , , , | 記事: