専門家に聞く

相続、事業承継が得意。森川法律事務所に聞く「円満な相続のための対策」

事業承継を含む相続では不公平感から紛争になる場合があります。森川法律事務所では、相続問題に対して、他の分野の専門家と連携し、遺産を工夫するアイディアをまとめながら解決に導いています。

背景事情や紛争の経緯をよく確認して、
その事件に最も適切な解決方法を提案

 

東京都・千代田区。神田小川町の靖国通り沿いにある森川法律事務所は、誰でも相談しやすい法律事務所として、東京近郊の事案を中心に取り組んでいます。代表弁護士の森川紀代さんは、金融システムの企画、開発等に携わるIT企業での勤務経験を持つ弁護士。IT事件の他にも、これまでにさまざまな相続問題も解決してきました。

「創業者が株を全部持ち、幹部を親族が占めることが多い中小企業では、創業者が亡くなった後に相続で揉めると、企業の存亡に関わることにもなりかねません」

 

そこで森川さんは、円満かつ円滑な相続を目指して、生前の対策に力を入れています。

「相続は、預金や不動産、生命保険などの遺産を誰にどのように引き継がせるか工夫できる余地があり、生前の対策次第で円満に解決できる可能性が高いと思います」

相続の問題で紛争となりやすいのは、ご両親が亡くなった後にお子様だけで分割協議を行う場合だそうです。例えば、事業を相続する場合、資産を平等に分割することが難しく、相続が不公平に思えるからです。
「将来にトラブルや禍根を残さないためにも、親御さんの元気なうちに、ご家族で遺産についてどうするか、相談する機会をもうけたほうがいいですね。事業を長男に継承する場合でも、親御さんが話すのと、相続人本人が主張するのとでは、印象がまるで違います。なかなか難しいとは思いますが、遺産相続のために家族が仲違いしたのでは、不幸ですから」

 

ご家族で相談した後に、遺言書として、形にしておくとよいそうです。さらに遺留分の放棄手続きまで済ませておくと、ほぼ問題はなくなるそうです。
「ただ、生前に十分な対策がされていることは少なく、死後、厳しい対立状態になってからご相談におみえになることの方が多いのが実情です」

 

依頼者の話を「よく聞き、理解する」ことが解決の糸口に

森川さんは、同種の事案でも、相談者ごとに背景事情や紛争の経緯などは違うので、個々の事情をよく確認して、その事件に最も適切な解決方法を模索しているそうです。
そのために森川さんは、「時間をかけて、相談者の声に耳を傾ける」とのこと。

「一見関係ないと思える話でも、あまり時間にとらわれず、よく聞き、理解することで、解決の糸口になることがあります。ご家族の間で対立されている紛争の場合、激しく感情がぶつかることがあります。そこで、何に対して怒っているのか、どうすれば納得が得られるのかを紐解き、税理士や不動産鑑定士などの専門家と連携しながら、アイディアをまとめていきます。お客様にとって、最善の結果が得られるよう全力を尽くしています」

 

銀行や登記の手続きで遺産分割協議書の不備を指摘されるといったことにならないよう、協議がうまくいった場合でも最後は専門家に相談した方がよいと森川さんはアドバイスしてくれました。

 

親家片サイト 森川法律事務所1edited

森川法律事務所は、中小企業や個人のお客様を大切にし、常に最善の結果が得られるような創意工夫を行っている。

 

親家片サイト 森川法律事務所2edited森川法律事務所
代表弁護士 森川紀代さん
森川法律事務所
〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2丁目5-1 オーク神田小川町ビル4階
TEL :03-5577-3931 FAX:03-5577-3932
URL:http://www.m-lawfirm.jp
お問い合わせはこちら http://www.m-lawfirm.jp/index.php?