専門家に聞く

遺言・相続問題解決のエキスパート 横浜横須賀法律事務所がサポートする「法的な片づけ」

死後に残される子らの〝片付け〟を楽にするため、生前にやれることは、たくさんあります。横浜横須賀法律事務所は、調停や訴訟で紛争解決するための代理人としてだけでなく、相続の労力を減らすための遺言作成のサポートをしています。

個人の相続相談から中小企業の相談まで誠実に対応

 

親が亡くなったあとには、物理的に家を片付けるだけではなく、法的な“片付け”が必要となりますが、法的な“片付け”についての専門家が弁護士です。

横浜駅西口からほど近い横浜横須賀法律事務所は、個人の訴訟(裁判)と中小企業法務に自信を持つ法律事務所。代表の弁護士、鈴木真さんは、一部上場企業の法務部での勤務経験があります。
「ご依頼者様にすべてをお話しし、ご納得いただいて、ベストな解決を実現したいですね」

寄せられた相談に対し誠実に対応。お客様から信頼を得ている理由は、ここにあるようです。
個人の方からは、相続の相談が非常に多いそうです。

 

遺言書の作成、不動産の名義変更による問題こそ専門家の力を

近頃受けた相談は、10年以上も前に亡くなった祖父の家について名義変更をしていなかったため、複雑なことになってしまったというもの。
「おじい様が亡くなったとき、〝おじ〟や〝おば〟も、土地建物を兄の子であるお孫さん達が相続すると同意していました。しかし、登記名義の変更をしなかったのです。今回、お孫さんたちは、土地と建物の処分をするため、名義変更をしようとしたのですが、問題が大きくなっていました」

 

問題とは、〝いとこ〟です。

10数年のうちに、〝おじ〟や〝おば〟が亡くなっていたため、名義変更をしようと思えば、亡くなった〝おじ〟や〝おば〟の子である〝いとこ〟全員とも協議しなければいけなくなり、一気に
10人を超す協議になってしまいました。

 

「まったく付き合いのない“いとこ”に事情を説明して遺産分割協議書に印鑑をもらわなければいけません。しかも、“いとこ”は前の話を知らないので、すんなり応じてくれるとは限りません。なにごとも、できる限り早期に対処すべきということです」

相続が発生したとき、話し合いで解決できれば良いのですが、紛争になると、まずは裁判所の調停を利用することになります。

「調停は話し合いなので、当事者が合意してしまえば、裁判所は何も言いません。法的に保護された利益を確保したいのであれば弁護士に依頼する必要があります」

 

そもそも紛争になったり、さきほどの相談のようにあとで問題が表面化したりしないためにも「遺言書」を作ることが一番重要だといいます。

「私は、ある程度の財産がある方は、あとに残される人たちの“片付け”のために、遺言書を作るのは義務だと思っています。弁護士に依頼し、弁護士を遺言執行者に指定しておくことで、死後に残される人たちの“片付け”が非常に楽になります」

 

子が親から相続を受けるときの労力を減らすために、生前にできることはたくさんあります。遺言を残すのもその1つ。そのために横浜横須賀法律事務所は、誠実な対応でサポートしてくれそうです。

 

親家片サイト 横浜横須賀法律事務所1

横浜横須賀法律事務所に寄せられた、数あるアンケートのうちの一枚。内容からいかに依頼者が感謝しているか伝わってくる。

 

親家片サイト 横浜横須賀法律事務所2横浜横須賀法律事務所 代表弁護士
鈴木 真さん
横浜横須賀法律事務所
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸2丁目10-39 日総第5ビル10階
TEL :045-620-4195 FAX:045-620-4196
URL:http://www.yokoyoko-law.com
お問い合わせはこちら info@yokoyoko-law.com