専門家に聞く

片づけにくいものNo.1!? 写真のプロ カメラのキタムラが指南する思い出の写真の整理術 第1回〜古い写真&アルバムの整理は、「データ化」がカギ!~

親家片をしている最中の多くの人が声をそろえていう、「思い出のつまったものは、どうしても片づけにくい」という事実。

その最たるものが、写真ではないだろうか。

若き日の両親、幼い子どもたちの姿が生き生きと写っている写真は、どれを残して、どれを捨てたらいいのか、取捨選択の判断が難しく、なかなか作業が進まない難物である。

そこで写真のプロ、全国に約900店舗を構える「カメラのキタムラ」の福本弘之さんに写真の整理術についてお話を伺った。

 

くっついてしまった写真はぬるま湯洗いで、やさしくはがす

 

押し入れの奥から、無造作に箱に入ったままの写真が出てきたり、家族の歴史がつまった数十冊のアルバムが保管されていたりと、山のような写真の前にして「どうすれば……」と途方に暮れてしまう人も多い。保管状態が悪く、写真同士がくっついてしまったり、色あせていることも少なくないだろう。

 

「写真専門店でプリントしたものなら、時間がたってもあまり劣化することはありませんが、写真は紙に印刷されているものですので、湿気が少ないところで、あまり空気にふれないように保管するのが望ましいですね。ポケットアルバムなど簡易的なものでもいいので、1枚ずつ仕分けて空気にふれないようにしておくのがポイントです。

 

もし写真同士がくっついてしまっている場合は、無理に引きはがそうとせず、ぬるま湯でやさしく洗ってみてください。つるん、ととれることがありますから」(福本さん)

 

 

たくさんの写真やアルバムも、データにすればスリム化できる!

大量の写真やアルバム、ネガなどは収納するのにも場所をとる。スリムに保管するには、やはり涙をのんで写真を捨てる努力をするべき!?

 

「おすすめなのは、紙にプリントされた写真をスキャンして、一旦デジタルデータに変えておくことです。現在、多くの方がデジカメや携帯電話のカメラを使って撮影していると思いますが、その画像データのように、紙の写真をパソコンで見られるような形に変えるのです。

 

データに変えると、たくさんの画像がCDやDVDにおさまります。データ化しても紙の写真がなくなるわけではないので、ひとまず安心してアルバムなどの整理がしやすくなるのではないでしょうか。『この写真は、データで持っているから、紙のほうは捨ててもいい』というふうに、思い切りがつきやすくなると思います」

 

キタムラでは、アルバムをそのままスキャンして、アルバムの雰囲気をそのままフォトブックにするサービス「アルバムそのままDVD・フォトブック」を行っている。アルバムから写真を1枚1枚はがすことなく、ページ全体を高性能の業務用カメラで撮影してデータ化する仕組みだ。もちろん、1枚1枚の写真もきちんとスキャンできる。

 

このような古いアルバムを1冊まるごと……

SONY DSC

 

SONY DSC

親家片キタムラ第1回 3

DVDとフォトブックにまとめることができる(もちろん古いアルバムはなくならない)

 

 

アルバムのページそのままに作られたフォトブックと写真データを収めたDVD、テレビで見られるブルーレイディスク(またはDVD)の3点セットで、なつかしさがよみがえると世代を問わず好評だという。

 

アルバムを店頭に持っていくと、そのまま大切に工場へと送られ、1ページずつデータ化。「どの写真を残そうかしら」と選ぶ作業をしなくてもすむのがうれしい。ちなみに価格は、アルバム1冊(60ページ以内)で6,160円(税込み)と良心的。

 

こういった写真をデータ保存するサービスはほかにも充実! 次回は、さまざまな「データ化」の例をチェックしてみる。

 

(第2回へ続きます)

 

取材・文/浦上藍子

 

 

親家片 キタムラ福本さんプロフィール株式会社キタムラ 新横浜本社 商品EC部 イメージングサービス統括部長 福本弘之さん

1999年(株)キタムラ入社。11年間カメラのキタムラ店舗で勤務し、店長、地区事業部長を経て2010年より本部にイメージング担当として着任。プリント、フォトブック、データ化、年賀状など写真に関する商品とサービスの統括責任者を務める。
株式会社キタムラ http://www.kitamura.jp/