本の紹介

親の家を片づける 土地 建物 相続問題 【本】

親の家を片づける 土地 建物 相続問題

「親の家を片づける」第3弾。処分に困る親の土地、建物の売却、活用法、相続手続きがこの1冊でわかります

親の家の片付けに続く、土地・建物の売却・活用方法・相続を具体的な事例満載で紹介したシリーズ第3弾。「親の家を片づける」では語りきれなかった、最後の「親の家の片付け方」を知るならこの1冊です。シリーズの中では男性読者の共感を呼んでいます。

土地建物の処分、相続に特化した読物。「売るか?」「貸すか?」「住むか?」処分に困る親の家、そこで起こりえる土地問題の悩み、相続手続きすべてを、実際に親の家を片づけた人たちのケーススタディともに解説。いざ親の家を売却するとなると、相続手続き上の問題や登記の問題、売却までの時間などいろいろな手間や問題が生じます。

本書では相続から売却までの基本的な流れを示すとともに、導入部として親の家にまつわるよくある問題も概説します。

なかなか売り手が見つからない地方の物件の売り方。
売れない土地、建物の処分方法。空家バンクとは!?
空き家維持にかかる費用とは?
リタイヤ後Uターンして自分たちが田舎暮らしをするという選択肢など。

また、子供が処分に困らないために親が考えておくべきことも紹介します。

 

本の購入はこちら


2014/06/19 | キーワド: | 記事: